引っ越した先は南伊豆町

スポンサーリンク

先月、下田からお隣の町に引っ越しました!
1月〜3月にいろいろ探しまわっておりましたが、3つの候補の中から、1つ即決で選びました。

さて、(A)〜(C)のどこの家に引っ越したでしょうか?
今度の家はかなり広くなりました!!ちなみに引っ越しに1円も使わず軽トラで3往復してコンプリートしました。笑
体力勝負ですね!

(A) 使えない井戸とものだらけの納屋付き!給湯器付け替え必須で雨漏り注意の414号沿いのレトロ広い古民家。(空き家バンクで見つける。敷金礼金ゼロ家賃3万だが補修費用がとてもかかる)ゲストハウスにできそうな広〜い畳部屋がある。小高い丘にあり、車所有者は別途3000円必要。かくれんぼしたら神隠しに合いそうな気配。

この古民家の記事はこちら

(B) 灯油でガスを沸かしていた痕跡のある、前の住人のモノが倉庫に敷き詰められている給湯器付け替え必須な床がフワフワな部分のある民家。(空き家バンクで見つける。敷金礼金ゼロ家賃3万だが補修費用がとてもかかる)草などがボーボーで廃墟感がハンパない。海沿いにある。

この古民家の記事はこちら

(C) 戸建だが元温泉旅館の敷地内にあり、全国の湯治巡りをしていた大家さんが作った「木材の香りのする源泉掛け流しの共同温泉」が敷地内にあり、真夜中でも入り放題。部屋の中にもお風呂場はあるが、洗濯場として使い、お風呂は徒歩20秒の共同温泉を使う。敷金礼金ゼロ家賃39000に温泉代も含まれる。天井に謎の手形がある。川の近く。共同浴場はゲスト入浴可だが共同浴場ルールとして一回200円「温泉感謝代」として、備え付けのBOXにチャリンしなければならない。共同浴場なので普通に近所の会員の人も入りにくる。たまに大家さん宅で牡蠣パーティなどをやっている模様。

答えは最後の(C)でした!
敷金礼金0の超レア物件ですが、窓が歪んでいたり、床が斜めっていたり、天井に謎の手形があったり、和式トイレではありますが、何よりも「部屋が3つある」ことと「温泉掛け流し」が決め手となりました。

スポンサーリンク