空き家バンクのガチ古民家(月3万円)を見学(その1:高台の方にある家)

スポンサーリンク

9月からずっと気になり続けていた「空き家バンク」に登録されている物件を
見に行ってみることにした金曜日の朝。

賀茂郡エリア(南伊豆町・河津町など)は積極的に移住促進的な活動をしており、
空き家などの情報も地方自治体のホームページで積極的にアップしています。
10件ほどの空き家が掲載されており、その中で賃料がもっとも安い3万円/月の物件2件を
それぞれ見に行くことになったのでした。

職場からやや遠くなるため通勤に時間がかかってしまいますが、
今住んでいる家があまりにも窮屈すぎて替え歌にしたいくらいなので、
初期費用の負担なく、移れるのならばとんでもなくありがたいじゃないか!
しかし、この月3万円物件ズはランクBの「多少補修が必要」と注意書きされている物件だったのです….!
どの程度の補修なのか検討もつかなかったので、やっぱり確認したいという
欲求が抑えられませんでした。
床張りならつい最近手伝ったから、できそうだし……

古民家リノベプロジェクト〜2階の床張り〜


床が剥がれている。もしくはフカフカしている。


日当たりは良さそうだ。


このコンロはもう使えない。


昔ながらのタイプのお風呂。バランス釜ではない。


木が玄関を生い茂り、暗い。町おこし協力隊に協力を要請して木を切ってもらうこともできるらしい。ありがたい。


玄関の前にあった謎のスペースの扉を開けると、昔ながらの「灯油でお湯を沸かすやつ」の成れの果てが出現。
ガスで沸かすより灯油の方が安かったので、ガスが普及する前は主流だったらしい。使えるのか不明。なかなか朽ち果てていました。
つまり、給湯器を取り付けないとお湯でないようでした。

こちらの高台のお家で一番心惹かれたもの。

これだけとりあえずお持ち帰りしたい。
と切に思いました。

<わかったこと>
・床に損傷あり。張り替え必要。
・前の住人の荷物が(ある程度片付けてはいるものの)かなりの量あり、撤去に手こずりそう。
・車が一台停められるが、それ以上は厳しい。
・給湯器を買って取り付けないといけない(10万前後かかりそう)
・もう一つの候補の家より、さらに職場から遠い。
・最寄りの駅まで3kmある。歩いて行くのはちょっと厳しい。
・すぐ隣に人が住んでいる家があるため、変なことができない。
・以外と土のスペースが少ない(根っこが張り巡らされている)

すぐに住めるわけではないが、ある意味キャンプ、野宿だと捉えるのならば
住めないわけでもないかもしれない。
以外に手を加えないといけない場所が多そうな印象でした。

そして、次の物件へ。

スポンサーリンク