伊豆極楽宴、一押しは「懺悔ノート」

スポンサーリンク

こんにちは、珍スポ好きのボンマスほねみです!
伊豆ってけっこう珍スポありますよね。
目を凝らさないと(ちゃんと調べないと)見えてこなくて気づかず通り過ぎてしまうものからめっちゃ目立つシンボル的なものから様々。

珍スポもレトロから歴史的遺産までジャンル幅広いですが、今回天城と修善寺の間にある「伊豆極楽宴」を堪能してきました!

コアなファンがたくさんいらっしゃるようです。
秘宝館の入り口もこんな感じでサインまみれだったのを思い出しました。
展示入る前から館長の奥さんと盛り上がって
30分くらい話しこんでました(まだ展示見てないのに)

↓伊豆極楽宴が掲載されてる雑誌

 

30分後、ようやく展示ブースに突入。
もう世界観が好みすぎでした!
イントロダクションとして奥様の秀悦な解説から始まります。
(人が死ぬとどのような世界に行くのか等)

世界各地の地獄を紹介するドキュメンタリー映画「Serching for Hell」にて館長の奥様の秀悦な解説が釜茹で地獄と一緒にみられます。

<世界の構成~六道~>

・人間界
・天上界
・餓鬼界
・阿修羅界
・畜生界
・地獄(地獄はさらに8つに分かれる)

→この中で何回も輪廻転生する

展示もこの順番で進んでいます。
地獄行きを審査するのは閻魔王だけかと思っていたのに、7人も審査員(王)がいるなんて!
それぞれ7日間ずつ審査に時間がかかるから7日間×7人で49日なのか!

以外と知らない人が多いそうで、ホッとしつつ、勉強になりました。
法事の時に活かせる知識ですね!

人間たちは館長のお父様が一体一体石膏で型取りしたとのことです!一体一体個性がにじみ出ている!

いかに人間が小さき存在かを思い知らされます。

この鬼の頭のコップとかほしい。

ビデオテープは今はDVDかな

毛皮のコートもダイヤモンドもないから大丈夫

もう嘘はつけまい
それぞれのキャッチコピーが縄のごとく身体に沁み入ってくる快感

 
 

個人的には懺悔の間に合った「懺悔ノート」がたまりませんでした。
こちらに自分でも懺悔の言葉を書くことができますが、
歴代の「懺悔の言葉」を見ることができるのです。
ガチな反省の言葉や、デリヘル的なことなど、かなりツボでした。
黙々と過去の懺悔も読みふけってしまいました!
私もちゃんと書き残してきました!
本気で懺悔するしかなくなるので、自分に素直になれます、オススメです!

とにかく懺悔したい人はいくべし!!!

 

 

伊豆極楽苑
公式サイト
http://izu-gokurakuen.com/

所在地 :静岡県 伊豆市 下船原 370-1
営業時10:00 ~ 16:00
定休日:木曜日

<2017年〜2018年・・・年末年始営業について>
12月28日(木)から1月8日(月)までは休まず営業
28日と4日は木曜日ですが開館
1月9日(火)から12日(金)まで休業

スポンサーリンク